痴漢事件・痴漢冤罪事件(でっち上げ・誤認逮捕)、痴漢の示談金、迷惑防止条例違反での逮捕、弁護士無料相談活用など役立つ情報を発信します

    痴漢事件弁護士相談Cafe

    全国の地域密着型の有力な痴漢示談弁護士を紹介するサイトです。

    痴漢事件加害者の為の弁護士紹介ポータルサイト
    痴漢事件・盗撮事件の示談交渉や不起訴、慰謝料、弁護士への無料相談方法の解説。

    痴漢で逮捕されたら、至急、弁護士に相談しよう

    痴漢逮捕で気を付ける3つのこと

    痴漢容疑で逮捕された場合、重要なことは以下の3つのポイントです。
    うっかり何か1つを見落としている場合がありますのでご注意ください。

    1. 痴漢の前科を付けない事(不起訴処分)
    2. 痴漢により会社・職場で解雇されない事
    3. 痴漢被害者と早期に示談する事

    弁護士相談Cafeにて、解決方法を提案致します。

    痴漢事件の解決は短期間で解決することが重要です。
    初期段階で適切な対応をしないと、長時間身柄を拘束されてしまうケースがあります。
    ぜひ当サイトを参考にしてください。

    Point1.痴漢の前科を付けないために

    痴漢をしていないのに、電車の中で容疑を掛けられた。つまり冤罪・無罪案件ですが、そのような場合、駅での初動が非常に重要になります。
    痴漢で被害届をだされても対応の仕方で、前科が付かないことがあります。前科を付けないためにも行うポイントを以下のページで解説致します。

    ※参考ページ
    駅での痴漢容疑・冤罪の対処法で絶対に知っておくべき全情報

    Point2.痴漢で会社を解雇されないために

    社会人の方は、会社での対応も重要です。

    痴漢で会社を解雇されないために行うポイントを以下のページに解説致しました。合わせてご覧ください。

    ※参考ページ
    痴漢で会社をクビ?懲戒解雇されない為の4つのポイント

    Point3.痴漢被害者と早期に示談するために

    痴漢被害者と早期に示談するためには、家族の支えと弁護士が助けになります。

    弁護士費用が気になる方も多いかとは思いますが、自分ひとりで思い悩まず、近しい人と専門家との協力の元、ご解決ください。
    適切な解決がなされますことを心よりお祈り申し上げます。

    ※参考ページ
    痴漢事件の弁護士相談の手順
    痴漢弁護士費用と安く抑えるポイントをわかりやすく解説

    刑事事件全般の流れ

    痴漢事件で逮捕され、「身柄釈放」「不起訴」を獲得するには、逮捕後72時間以内の弁護活動が勝負になります。

    ※逮捕後から勾留決定までに、仮にご家族であっても面会できません。面会できるのは、「弁護士」だけです。家族が逮捕されて不安な場合は、至急弁護士にご相談ください。

    刑事事件の流れ

    痴漢示談交渉に強い弁護士をお探しの方へ

    まずは弁護士ご相談ください。
    刑事事件で一番大切なのは迅速な対応です。

    痴漢に関する専門知識を持つ弁護士に相談することで、以下のような不安の解決が望めます。

    • ご家族が逮捕された
    • 釈放・保釈してほしい
    • 不起訴にしてほしい
    • 前科をつけたくない
    • 被害者に謝りたい・・・、示談したい・・・
    • 警察から呼び出された!家宅捜査された!
    • 刑務所に行きたくない!執行猶予にしてほしい!
    • 無実を証明してほしい!
    • 家族と連絡をとりたい!接見してほしい!面会・差し入れしたい!
    • 職場に知られたくない!職場を解雇されたくない!

    痴漢・盗撮事件は、何よりもスピードと経験が勝負です。平日夜間・土日祝緊急対応、即日法律相談即日容疑者面会に対応している実績豊富な弁護士へぜひご相談ください。

    このページを読んでいる方は、こちらもご覧になっています

    痴漢弁護士おすすめページ

    弁護士Cafeイチオシ記事

    最新記事