痴漢を弁護士相談する前に知っておくべき逮捕後の流れ

★ お気に入りに追加
痴漢事件の解決の流れ

電車に乗る方なら誰でも痴漢事件の「被疑者(ひぎしゃ)」になってしまう可能性があります。

場合によっては、満員電車でたまたま女性と密着してしまっただけで痴漢扱いされることもあります。

もし痴漢の疑い、強制わいせつ等の罪で捕まってしまった場合どうすればいいのでしょうか?

後述するように、痴漢の容疑で逮捕された場合、被疑者やその家族等の方は弁護士に相談するべきです。

しかし、弁護士に相談するだけでなく、自ら逮捕後の流れを知っていた方がより安心です。そこで、ここでは痴漢・強制わいせつなど逮捕された場合に、弁護士相談までの流れやそのメリット等を整理しておきましょう。

痴漢・強制わいせつでの逮捕後の流れ

逮捕後の送検

痴漢・強制わいせつで逮捕された場合、警察官は被疑者を警察署に連れて行き、そこで、取り調べを受けます。

取り調べにおいては、犯行時の状況や動機等を聞かれることになります。

そして、被疑者逮捕後「48時間以内」に被疑者の身柄を「検察官に送るか否か」を判断します。

ここで、身柄が検察官に送られなかった場合、被疑者は釈放されます。

関連記事
hands in jail on grey background.
痴漢で逮捕!釈放されるタイミングは?
「痴漢行為をしたことが発覚し、家族や友人、パートナーが逮捕された…!」 このような場合、「今後どれくらいの期間にわた…[続きを読む]

勾留請求

身柄を受け取った検察官は、そこでもまた取り調べを行います。そして、検察官が身柄を受け取ってから「24時間以内」かつ逮捕されてから「72時間以内」に、被疑者の「勾留(逮捕に続く長期の身体拘束)」を、裁判官に請求するか否かを判断します。

関連記事
勾留の意味とは|勾留期間の計算方法と釈放までの道のりを簡単に解説
「勾留」とは、刑事事件における長期間の身柄拘束です。 勾留が認められると社会的な制裁を受け、職を失う可能性も高くなり…[続きを読む]

勾留請求しない場合、被疑者は釈放されます。

請求を受けた裁判官は、被疑者に逃亡の恐れがあるか、罪証隠滅の恐れがあるか否か等を判断し、勾留を認めるか否かを決定します。

勾留と起訴

勾留請求が認められた場合、被疑者は更なる身体拘束がなされます。勾留される期間は、10日間です。もっともその10日の後、更に10日の延長がなされる場合もあります。

そして、検察官は、捜査で得た証拠を基に、被疑者を「起訴するか否か」を決定することになります。

関連記事
起訴
起訴の意味|起訴されたら必ず有罪?起訴後の流れを簡単に解説
起訴・不起訴などという言葉はよくテレビなどでも耳にすることが多いのではないかと思います。 言葉を聞いたことはあっても…[続きを読む]

痴漢で逮捕された場合にすべきこと

次に、痴漢で逮捕された場合に、被疑者やその家族等がすべきことを説明します。

(1)痴漢に強い弁護士・専門弁護士に相談を

被疑者になってしまった本人または、ご家族やお知合いから痴漢に強い弁護士事務所の相談窓口を使って連絡をしてください。

弁護士と被疑者側で今後どのような方法で解決を目指していくべきかを相談します。

被疑者が逮捕されている場合、携帯電話も押収されている可能性がありますので、ご家族のスピーディーな行動が非常に大切です。

警察からどのような連絡を受けたのか、包み隠さず弁護士へ伝えましょう。

特に「痴漢に強い弁護士」「強制わいせつ事件で実績がある弁護士」等への依頼がおすすめです。

関連記事
痴漢・盗撮事件に強い弁護士 | 痴漢・盗撮弁護士相談Cafe
痴漢・盗撮事件に強い弁護士をご紹介します。痴漢・盗撮は弁護士に依頼することで、被害者と示談をして不起訴処分を獲得でき…[続きを読む]

(2)逮捕期間の弁護活動が重要な理由

先述のように、「逮捕による」身体拘束は最長72時間です。

この72時間は、弁護活動を行う上で最も重要な時間になります。

というのも、逮捕後に「勾留」がなされてしまうと、更に10日間以上の身体拘束がなされます。

そうなった場合、被疑者の社会的不利益(会社や近所の方に痴漢の事実を知られる等)は甚大なものになります。

弁護士は、勾留の必要性がないことを検察官に説明する等、勾留を回避するための活動をしてくれます。

(3)逮捕による身体拘束中は面会できない

被疑者が逮捕されている場合、ご家族や友人の方々は「直接」本人に事実関係を聞いたり励ましの言葉をかけたいところです。

しかし、逮捕期間中には被疑者の家族等は、直接面会することができません。その際に本人と直接コミュニケーションできるのは、基本的に「弁護士」だけです。

*「勾留期間中」になれば、家族の面会は原則的に可能になります

弁護士が被疑者の窓口となって、ご家族の代わりに本人と接見しますので、直筆の手紙など、必要なものを準備して弁護士に渡してください。

差し入れできるものは限られており、

  • 現金
  • 紐・ゴムのついていない服
  • 下着
  • 小さなハンドタオル
  • 本・雑誌
  • 手紙

などです。現金なら中で色々なものを買うことができるので、特に助かるでしょう。

まずは差し入れたいものを警察署に持って行って、差し入れできるかどうかを聞きましょう。

関連記事
留置場と拘置所の違い、家族にできることとは?
「夫、息子が痴漢で逮捕された」と聞くと、家族も動揺するでしょう。 夫、息子は、今どこで、どうしているのか?本人の言い…[続きを読む]

弁護士に依頼するメリット

実際、弁護士に依頼するメリットはどの点にあるかをご説明いたします。

(1)「勾留」を防ぐための活動を行ってくれる

まずは、先述したように、逮捕後の勾留を防ぐ活動を適切に行ってくれることです。

被疑者やその家族等だけでは、勾留を防ぐために何をしたら良いのか分からないことだと思います。

また、逮捕期間中に被疑者と面会できるのは被疑者の弁護人(なろうとするものも含む)だけですので、勾留を防ぐ活動を行ってくれる、又は、家族と被疑者のコミュニケーションの架け橋となってくれることは、大きなメリットです。

(2)被疑者の不安を除去してくれる

弁護士は本人の動揺や不安を取り除くために、事件の状況や本人の主張を十分に聞き、今後どのような手続の流れになる可能性があるかをわかりやすく説明してくれます。

特に取り調べに関しては、誰も見方のいない状況では「警察に威圧されて事実と異なる証言を調書に記載」されてしまう危険性がありますので、弁護士から事前に取り調べを受ける際の心構えや注意事項をアドバイスしてもらうことは非常に重要なことなのです。

また、弁護士に接見してもらうと、逮捕が適法なのかどうかの判断や、今後どのような手続きに進展するかの見込みを立てることができて、早期に身柄を解放するために最適な活動をすることが可能になります。

(3)痴漢被害者と「示談交渉」を行ってくれる

示談とは「犯罪を許す」とする当事者間の合意です。

弁護士は警察や検察の働きかけによって被害者の連絡先を入手して、被害者側との示談の申し入れをしていきます。

被害者と示談が成立すれば、勾留前であれば「勾留の回避」、勾留後であれば「釈放もしくは不起訴処分」がなされる可能性が高まります。

関連記事
痴漢で被害者と示談する流れ。示談金・慰謝料の相場は?
痴漢は、強盗や殺人などの凶悪犯罪と比較すると「軽い罪だから簡単に解決できるはずだ!賠償金も安いはず!」とイメージされ…[続きを読む]

弁護士に相談する際に伝えるべきこと

痴漢・強制わいせつでの逮捕の連絡はある日突然やってきます。

ご家族が逮捕されたと警察から連絡を受けたショックは大きく、動揺されると思います。まず弁護士に相談する際には、下記3点をしっかり伝えることが大切です。

  • 「どこの警察署」から
  • 「どのような容疑」で
  • 「いつ逮捕されたのか」

その後、弁護士に正式に依頼すれば、弁護士が被疑者が拘束されている警察署へ行って、本人と接見することになります。

痴漢・盗撮事件で一人で悩んでいませんか?

  1. 被害者と示談したい
  2. 痴漢・盗撮を会社に知られたくない
  3. 痴漢・盗撮で家族・子供が逮捕された
  4. 痴漢・盗撮で警察に呼ばれた
  5. 前科を付けたくない
  6. 痴漢・盗撮事件で不起訴にしたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
Cafeおすすめ! 【全国対応】痴漢・盗撮に強い弁護士
ベリーベスト法律事務所
ベリーベスト法律事務所

痴漢・盗撮事件など刑事事件の緊急対応致します。土日の電話受付対応、初回相談料は無料!

痴漢・盗撮事件など刑事事件の緊急対応致します。土日の電話受付対応、初回相談料は無料!

痴漢事件の緊急対応、早期身柄解放、示談交渉、不起訴の獲得に多くの実績がある「刑事事件に強い」法律事務所です。お電話後、30分以内に実際に事件を担当する刑事事件専門の弁護士とお話し頂くことができます。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6907
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!