痴漢事件でも使える当番弁護士とは?私選弁護人とどこが違うのか?

★ お気に入りに追加
当番弁護士

痴漢や盗撮容疑で警察に逮捕されてしまったら、ほとんどの人がパニックになってしまうでしょう。

外部との交流が自由にできなくなることもあり、自分ではどうして良いか分からず非常に心細いものです。

こんなとき、弁護士に来てもらって相談ができたら、とても心強いでしょう。

実際に、逮捕・勾留されている被疑者が弁護士を呼べる制度があります。それが「当番弁護士制度」です。

今回は、痴漢事件でも役に立つ当番弁護士制度と、私選弁護人との違いについて解説します。

当番弁護士制度とは

「当番弁護士制度」とは、警察の留置場などに逮捕・勾留されている被疑者が「1回だけ無料で弁護士に接見」に来てもらえる制度です。

各都道府県の弁護士会が主体となって運営している制度で、被疑者の弁護人選任権といった重要な権利を守り、被疑者が不当な取り調べによって不利益を受けないようにすることを目的としています。

一方「私選弁護人」とは、被疑者や被告人が、自主的に弁護士を選んで自分で費用を支払って依頼する弁護人です。

なお「接見」については別途記事で解説しておりますので、併せてご参照ください。

関連記事
接見とは?|弁護士に相談すべき理由と接見禁止の一部解除について
もしも家族が痴漢や盗撮などの容疑で逮捕された場合、「痴漢は性犯罪の中では軽い罪だから、すぐに本人と面会できるはずだ」…[続きを読む]

当番弁護士と私選弁護人の違い

①接見の回数や弁護の内容

先述した通り、当番弁護士は「一回だけ」しか接見に来てくれません。

一方、私選弁護人は刑事弁護全般を行ってくれるので、何度でも接見に来てくれます。

また、私選弁護人は当番弁護士とは異なり、被害者と示談交渉をして不起訴処分獲得のための活動をしたり、勾留執行停止の申し立てをしたりしてくれます。

起訴されたら保釈請求もしてくれますし、その他の起訴後の弁護活動もしてくれます。

②費用負担

当番弁護士は無料ですが、私選弁護人は費用負担が発生します。

私選弁護人に依頼する場合は、被疑者やその家族が弁護士費用を用意して支払をしなければなりません。

③弁護士を選べるかどうか

当番弁護士は、被疑者が自分で気に入った弁護士を選ぶことができません。

一方で、私選弁護人であれば、依頼したい人を選ぶことができます。

例えば、当番弁護士の場合、痴漢事件の解決実績豊富な弁護士が来てくれるかどうかはわかりませんが、私選弁護人の場合には、痴漢事件の解決を得意としている弁護士を選んで依頼することができるので、得られるメリットが大きいです。

④当番弁護士に引き続き私選弁護人の依頼ができる

当番弁護士と私選弁護人は違うものですが、当番弁護士に、引き続き私選弁護人になってもらうことは可能です。

資力のある被疑者の場合、当番弁護士を呼んで、その人を気に入って弁護活動をしてもらいたいと思ったら、お金を払って弁護人として選任すればよいのです。

ただ、当番弁護士をそのまま選任する気がない場合は、痴漢弁護に強い弁護士を選りすぐって依頼するのが良いでしょう。

関連記事
痴漢に強い弁護士
痴漢に強い弁護士とは?選び方のポイントを徹底解説!
痴漢容疑(迷惑防止条例違反や強制わいせつ罪)で逮捕されてしまったら、弁護士に対応してもらう必要があります。 逮捕され…[続きを読む]

弁護士は何をしてくれるのか?

さて、当番弁護士であれ私選弁護人であれ、「弁護士」を呼ぶと具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか?

①質問に答えてくれる

まず、被疑者が不安に思っていることについて、質問に答えてくれます。

たとえば、これからどのような手続きが行われるのか、手続きの流れ、今後いつまで留置場に入れられるのか、裁判所で裁判にかけられてしまうのか、家族とはいつ会えるのかなど、気になることを具体的に説明してくれます。

②家族への連絡

また弁護士に依頼すると、家族に連絡をしてもらうこともできます。

逮捕されたとき、警察が家族に連絡をしてくれることが普通ですが、家族にしてみてもそのようなことは青天の霹靂です。

そこで、逮捕された理由や本人の状態、今後の流れ等を家族に伝え「大丈夫だ」と安心させることができますし、「一度面会に来てほしい」と伝えてもらったり、「~を持ってきてほしい」などと差し入れを頼んだりすると、家族とのやり取りがスムーズに進みます。

③警察の取り調べ対策

また、警察官による取り調べで「しゃべらなかったらいつまででも出さないぞ」とか「正直に言わないと、重い刑罰が科されるぞ」などと言われて脅されている場合にも、そのようなことは「ただの脅し」であることを教えてもらえて安心できます。

虚偽の自白をしないように、というアドバイスも受けることができます。

関連記事
警察からの呼び出し!事情聴取の内容と注意点
・警察から呼び出しをくらった!盗撮したことがバレた? ・任意同行って何?逮捕されるの? 突然、警察から呼び出しを受け…[続きを読む]

④早期釈放・被害者との示談を目指す

加えて、早期釈放を捜査機関に求める活動をしてくれます。

例えば、捜査機関に意見書を提出したり、被害者との示談交渉を行ってくれたりします。

更に、最終的に裁判になってしまった場合、被告人の弁護人として弁護活動をしてくれます。

関連記事
痴漢で被害者と示談する流れ。示談金・慰謝料の相場は?
痴漢は、強盗や殺人などの凶悪犯罪と比較すると「軽い罪だから簡単に解決できるはずだ!賠償金も安いはず!」とイメージされ…[続きを読む]

痴漢弁護は私選弁護人に頼むのがおすすめ!

痴漢弁護は私選弁護人に依頼するのがおすすめです。

私選弁護人なら、痴漢事件に強い弁護士を選んで依頼することができるので、その後の充実した弁護活動を期待できるからです。

刑事事件に強い弁護士は、ネット上の情報網を活用することで効果的に探すことができます。

多くの事務所は自分の得意分野を前面に押し出して「〇〇(刑事弁護、交通事故、借金問題など)なら当事務所にお任せ」のように重点取り扱い分野についての記載があることが多いです。

また、弁護士のプロフィールも載っていますし、たいていは写真も掲載されているので、経験年数や男女の区別、雰囲気などもわかります。

当サイトでも「痴漢・盗撮に強い弁護士」を掲載しておりますので、併せてご参照ください。

関連記事
痴漢・盗撮事件に強い弁護士 | 痴漢・盗撮弁護士相談Cafe
痴漢・盗撮事件に強い弁護士をご紹介します。痴漢・盗撮は弁護士に依頼することで、被害者と示談をして不起訴処分を獲得でき…[続きを読む]

まとめ

今回は当番弁護士について解説して参りました。

当番弁護士は、被疑者が一回だけ無料で呼ぶことのできる弁護士です。

接見に来てもらっていろいろとアドバイスを受けられるので非常に役に立ちますが、実際に弁護を依頼するときには、別の刑事事件に強い弁護士を選んだ方が、効果的に弁護活動をしてくれる可能性が高いと言えるでしょう。

刑事弁護はスピードが命です。

痴漢事件で捕まったら、一刻も早く、家族に私選弁護人を探してもらいましょう。

また、家族が痴漢容疑で捕まったのであれば、弁護士に依頼して接見に行ってもらうと良いでしょう。

痴漢事件で不当な不利益を受けないよう、良い弁護士を選んで適切な対処をしてもらいましょう。

痴漢・盗撮事件で一人で悩んでいませんか?

  1. 被害者と示談したい
  2. 痴漢・盗撮を会社に知られたくない
  3. 痴漢・盗撮で家族・子供が逮捕された
  4. 痴漢・盗撮で警察に呼ばれた
  5. 前科を付けたくない
  6. 痴漢・盗撮事件で不起訴にしたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 
Cafeおすすめ! 【全国対応】痴漢・盗撮に強い弁護士
ベリーベスト法律事務所
ベリーベスト法律事務所

痴漢・盗撮事件など刑事事件の緊急対応致します。土日の電話受付対応、初回相談料は無料!

痴漢・盗撮事件など刑事事件の緊急対応致します。土日の電話受付対応、初回相談料は無料!

痴漢事件の緊急対応、早期身柄解放、示談交渉、不起訴の獲得に多くの実績がある「刑事事件に強い」法律事務所です。お電話後、30分以内に実際に事件を担当する刑事事件専門の弁護士とお話し頂くことができます。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6907
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!