痴漢冤罪事件(でっち上げ・誤認逮捕)、痴漢の示談金、迷惑防止条例違反での逮捕、弁護士無料相談活用など役立つ情報を発信します

  • Facebook
  • twitter

痴漢|示談・冤罪|弁護士相談カフェ

全国の地域密着型の有力な痴漢示談弁護士を紹介するサイトです。

03-5468-7742

メールでのお問い合わせはこちら

 

痴漢|示談・冤罪|弁護士相談カフェ イチオシ弁護士事務所

痴漢容疑時に気を付ける3つのPoint

痴漢事件の流れ徹底解説

痴漢事件の発生から駅員室→警察→検察→裁判までの流れを解説致しました。
痴漢事件の全体フロー図

痴漢容疑3つの気を付けること

痴漢容疑で逮捕された場合、重要なことは以下の3つのポイントです。

  • 痴漢の前科を付けない事
  • 痴漢で会社を解雇されない事
  • 痴漢被害者と早期に示談する事

弁護士相談Cafeにて、解決方法を提案致します。

痴漢事件の解決は短期間で解決することが重要です。

Point1.痴漢の前科を付けないために

痴漢をしていないのに、電車の中で容疑を掛けられた。そんな場合、駅での初動が非常に重要になります。
痴漢で被害届をだされても前科が付かないことがあります。前科が付かないために行う2つのポイントを解説致します。

Point2.痴漢で会社を解雇されないために

痴漢で会社を解雇されないためには、痴漢で会社を解雇されない為の4つのポイントがあります。

Point3.痴漢被害者と早期に示談するために

痴漢被害者と早期に示談するためには、家族の支えと弁護士が助けになります。